お知らせ

新しいポストはエロチックブログのほうに書かせていただきます。

先生の友だちにフェラのコーチング

今度は友だちも呼んでいっぱいでいじめてあげる。
といってデッサンの先生から連絡があった。


前回通り先生のマンションの部屋の前で全裸になって呼び鈴を押す。
「いらっしゃい」といって扉が開く。
先生の友だちが3人来ている。「わー。ホントに裸で入ってくるんだ。すごいね。おまけに勃起しているし」と友だちの一人が言う。
「彼は明るいところで全裸になるとすごく興奮するんだよ」
先生は回答する。
「毛のないオトコも珍しいよね?」と口々に感想を述べている。

リビングに通されて4人揃ってビールでカンパイ。で、それぞれが自己紹介。
「こちら、レーコ。ダンナとはセックスレスで長い間ちんぽ見てなくて目がうきうきしてるでしょ」
「こっちはイチコ。すっごくエッチなのに彼氏いない暦=年齢で、きょうはいろいろ教えてあげるの」
「オナニー少女って感じ?」
「少女って年齢ではないけど、オナニストだけどね」
「なにを教えるの?」
「男の責めかた(笑)」
ぼくのほうはCFNM好きな男ってことで紹介された。

レーコさんはめっちゃフェラが上手いからイチコさんにその術を教えるのだそうだ。で、先生がそれを言葉で説明する。
レーコさんは汗ばんだちんぽを咥える。先生が言うとおり気持ちいい口使いである。
早くも快感が押し寄せる。イキそうになったことがわかったようで、ちんぽから口を離す。
先生はイチコさんに説明する。
「気持ちよくなってきたらこうやってタマが上がってくるのよ。よく観察してね」
イチコさんが覚えるまでレーコさんのフェラが続く。
寸止めフェラが繰り返される。

ある程度イチコさんが覚えたら交代する。
ぎこちないフェラチオだけど、イキそうなちんぽの状態なので感じちゃう。
いい具合に寸止めフェラになっている。

そんな寸止めフェラでも、先生がアナルを舐め、レーコさんが乳首を吸ってくるとどうしても最高潮に達してイチコさんの口の中で射精しちゃいました。
性感帯トップ3を責められているというのに先生は「yuhは早いんだよ」と叱ります。
仕方ないよね。

No comments: